気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
sh/bash

Bourne Shell/sh シェル組み込みコマンド

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
Bourne Shellのシェル組み込みコマンドってなに?

シェル組み込みコマンド/Bourne Shell

shシェル組み込みコマンド

 UNIX/Linuxの各種シェルには、UNIX/Linuxシステムコマンドの他に固有のシェル組み込みコマンドがあります。

Bourne Shellのシェル組み込みコマンド

 Bourne Shell組み込みコマンドとしては、

 shコマンド 主な用途
 : NULLコマンド/常に真
 . カレントシェルにファイルを読み込む
 break ループを抜ける
 cd ディレクトリ移動
 continue ループの次の反復を実行
 eval 引数を読み取ってコマンドを実行
 exec 使用中のシェルと置き換えてコマンドを実行
 exit シェルの終了
 export シェル変数、環境変数の設定を転送保存
 getopts シェルスクリプトの引数を解析
 hash 名前付き引数として記述したコマンドのフルパスを記憶
 pwd カレント(現在作業中の)ディレクトリパスを表示
 readonly 変数を読み取り専用に指定
 return 戻り値を渡して関数を終了
 shift コマンドライン引数を1つずつ左へずらす
 test 条件式を評価してtrue/falseの真偽値を返す
 times シェルから実行されたプロセスのユーザー時間、システム時間を表示
 trap 各種シグナル受信時に指定されたコマンドを実行
 umask デフォルトのディレクトリ・ファイル作成モード(新規作成時のパーミッション値)を設定
 unset シェルのメモリから変数または関数を削除

があります。

 また、これとは別にGNUによってBourne Shellをベースに追加拡張されたbashbash組み込みコマンドがあります。

 各シェル組み込みコマンドの詳細についてはhelpコマンド[help unset]等で要確認です。

ウェブ造ホーム前へ次へ