気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
システム開発

QEMUでMS-DOS起動とWindows 95/98SE/XPインストール

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
QEMUでMS-DOS起動とWindows 95/98SE/XPインストール

OS仮想マシン

QEMUでMS-DOS起動とWindows 95/98SE/XPインストール

仮想化ソフトウェア

QEMU/QtEmu

ホスト検証マシン

OS : Windows Vista Home Premium
SP2/Service Pack 2
x86/32ビット
CPU : Intel Core2 4300@1.80GHz
CPU Architecture : x86/32bit
仮想化支援機能(Intel VT-x)なし
RAM : 1GB

実用耐性

このスペックでQEMUならOSは?

ターゲットCPU

CPU Architecture : x86/32bit

ゲスト(サクサク作動)

MS-DOS
MS-DOS / FD起動ディスク
QEMU仮想マシン上の起動ディスク用FreeDOS
FreeDOS / FD起動ディスク
QEMU仮想マシン上にインストールしたFreeDOS
FreeDOS / HDから起動
Windows 95
Windows 95
Windows 95のシステム要件

ゲスト(割とサクサク作動)

Windows 98/98 SE
Windows 98/98 SE(Second Edition)
Windows 98のシステム要件(en)
Win98要件参考ページ(日本語)

ゲスト(起動・動作重過ぎ)

Windows XP
Windows XP
Windows XPのシステム要件

ゲスト(番外編)

ReactOS/アルファ版S
ReactOS / アルファ版
Win NT系アプリ&ドライバのバイナリ互換を目指すオープンソースのOS

 マシンエミュレータであり、プロセッサバーチャライザーでもあるQEMUは、他の仮想化ソフトウェアと違ってCPU等環境の異なるマシン間でOSやOS上で動作可能なプログラムを実行可能で、その仕組み上、他の仕組みの仮想マシンソフトウェアに比し、オーバーヘッドが大きく、ホストマシンには、より高性能なスペックが要求されます。

想定

 一例としてIntel デュアルコア1.8GHz、メモリ1GB、OSがWindows Vistaというホストマシン上のQEMUでMS-DOSやWindowsを実行する場合、どういったOSをクリーン(≒上書き)インストール、起動、実行できるのかを確認してみるものとします。

 インストールディスクやISOディスクイメージは、各OSごとにVirtualBoxVMware Playerで検証に使用したものと同様に準備するものとします。

 Windows 95/98や98SEの一部では、CDブートに対応しておらず、インストールにおいてCDドライブ呼び出しの為のDOS起動ディスクが必要となることからMS-DOS、入手が難しい場合には、FreeDOS起動ディスク作成とインストールのようにFreeDOS等の代替DOSで起動ディスクを作成し、動作確認をするものとします。

概要

 VirtualBoxやVMware Playerと比し、ゲスト・ターゲットとして実用的に利用可能なOS(の動作要件)は、自ずと限定されるので、これらで検証確認した内、なんとかでも起動までは漕ぎつけそうなMS-DOSとWindowsの95/98SE/XPについてQEMUで検証してみるものとします。

 ましてここで検証するゲストは、Windowsであることもあり、実質、CPUアーキテクチャは、ホスト・ゲスト共にx86版OSのみに限定されます。

QEMU/VirtualBox/VMware/Virtual PC

 MS-DOSについては、QEMU、VirtualBox、VMware Player、Virtual PCの何れも遜色ありません。

 Windows 95をインストール、メモリ64MBを割り当て起動した場合、QEMUは、Virtual PCと並んでスムースな操作が可能、比べなければなんら問題なく快適なVirtualBoxやVMware Playerよりも操作性は良好です。

 Windows 98/98 SEをインストール、メモリ128MBを割り当て起動した場合は、起動は、QEMUの方が圧倒的に速く、起動後の操作性は、QEMUとVirtual PCは同程度に快適でVMware PlayerやVirtualBoxよりも良好と言えるでしょう。

 Windows XPをインストールし、メモリ256MB、または、512MBを割り当て起動した場合は、同じホスト環境でもQEMUは、VirtualBox/VMware Player/Virtual PCに遠く及ばず、起動、動作、何れをとっても遅く、重く、とても実用に耐えるものではありませんが、解像度や色数などは複数選択可能でホストスペックが高ければ、他のどれよりも快適かもしれません。

 よってXP含め、Vista/7/8/8.1/2008( R2)/2012( R2)、更にこれらをベースとしたPEなどは、このホスト環境では、現実的ではなく、厳しいと言えるでしょう。

QEMU実行環境

 QEMUは、各種アーキテクチャ対応マシンのOS上はもちろん、Windows上のCygwinやMinGWやGUIフロントエンドでも仮想マシンの作成・実行が可能でフリーソフトウェアで仮想マシン作成も可能なQEMU on Windowsや開発は終了しているようですが、GUI操作でより簡単なQtEmuなどもあり、様々な実行環境があります。

 http://wiki.qemu.org/Linksにいろいろ情報があるのでお好みのものを選ぶとよいでしょう。

 尚、Windows 98やWindows 98 SEについては、一見、失敗したかのような現象が起きるかもしれませんが、下記のように対応すれば、問題なくインストールも完了し、起動できるようになるでしょう。

 もし、再起動するはずのシーンで再起動しなかったりする場合は、仮想マシンを一度終了して立ち上げなおすとよいでしょう。

 例えば、セットアップ後の再起動中に画面が真っ黒のままフリーズしているようなら、一度終了させ、ブータブルディスク(、例えば、QtEmuなら[Boot from floppy disk]や[Boot from CDROM]などのチェック)を外し、改めて起動します。

 また、メモリエラーなどのポップアップなどが出力された場合や再起動する旨のポップアップ出力後に画面が真っ黒になってしまう場合も一度仮想マシンを終了させて再起動してみると、たいていの場合、正常に継続、もしくは、起動するでしょう。

およそのインストール所要時間

 インストールの所要時間としては、Windows 95が、約15分、Windows 98 SEは、約40分、Windows XPは、インストーラ準備段階のファイルのコピーに約30分に加え、インストール自体に1時間弱くらいとXPについては若干時間が余計にかかっていた気もしますが、まずまず妥当なところでしょう。

ウェブ造ホーム前へ次へ