気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
システム開発

VirtualBoxにBSD/UNIX系OSをインストール

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ゲストOSとしてBSD/UNIX系OSをインストール【VirtualBox】

仮想マシンで動くOS

VirtualBoxにBSD/UNIX系OSをインストール

 仮想マシンを作成・実行可能な仮想化ソフトウェアの1つであるVirtualBoxゲストOSとしてBSD/UNIXの起動とインストール。

[更新]

 諸事情による更新
  • RAM微増強:1GB=>2GB
  • ホストOS:Win=>Linux
  • VirtualBoxバージョンアップ

[仮想化ソフトウェア]

VirtualBox 4.2.12 r84980
=> VirtualBox 4.3.14 r95030

[ホストOS]

Windows Vista Home Premium
SP2/Service Pack 2
=> Fedora 20
x86/32ビット

[ホスト環境]

CPU:Intel Core2 4300@1.80GHz
CPU Architecture : x86/32bit
仮想化支援機能(Intel VT)なし
RAM:1GB => 2GB

[ゲストOS]

スクリーンショット一覧

ゲストOS

 今回、任意に選んだBSD/PC-UNIX系OSの内、このようなホスト環境においてVirtualBoxで作成した仮想マシンで起動してみたLiveCDやインストールできたディストリビューション(ディストロ)は下記の通りです。(詳細は、各リンク先参照)

NetBSD
386BSDベースで後に4.4BSDとマージしたBSD系OS
FreeBSD
386BSD、4.3BSD Net/2、最終的に4.4BSD-LiteベースのBSD系OS
OpenBSD
386BSD派生NetBSDからセキュリティ強化を目指し派生のBSD系OS
OpenIndiana
OpenSolarisの後継と目されるPC-UNIX

 FreeBSDの検証には、Frenzy、PC-BSDも含まれ、OpenIndianaの検証には、Server、デスクトップ環境なども含まれます。

 また、VirtualBoxで検証できたLinuxは、別途まとめています。

 更にVirtualBoxで検証できなかったLinux/BSD/PC-UNIXは、基本的にVMware Playerで試してみることにしています。

 Linuxについては、Red Hat Linux、Fedora Coreといった古いディストリビューションの他、Slax、Bodhi Linuxが、BSD/PC-UNIX系OSについては、DragonFlyBSDなどがこれにあたります。

 QEMUに関しては、VirtualBoxやVMware Playerと共通するものもありますが、QEMUのみ検証した(できた)ものもあります。

 BSD/PC-UNIX系OSについては、VirtualBoxでも対応済みのはずのNetBSDなどがこれにあてはまり、OpenBSDのように最終的にVirtualBoxでもインストールはできたものの、QEMUの方が問題なくスムースにインストールできたものもあります。

 => VirtualBoxでも代替策としてVirtualBoxマネージャからではなく、端末からVBoxSDLコマンドを使用してNetBSDをインストール及び起動する方法がありました。

ウェブ造ホーム前へ次へ