気の向くままに辿るIT/ICT/IoT
webzoit.net
インターネット

FTTH / 光ファイバ回線

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
FTTH / 光ファイバ回線とは?

ひかり電話

ひかり電話

2022/11/12

 ひかり電話は、インターネット回線の内、光回線において利用可能なIP電話のことで同じくインターネット・プロトコルを使った050IP電話とは区別されています。

 IP電話は、電話機自体は別として物理的な電話線を引くことなく、インターネット環境があれば、通信できることから、コストが安価であると言われ、それまでの電話回線に比し、IP電話の通話料金も安価となっています。

 ただ、結果的に050IP電話は同じプロバイダ、無料通話提携先プロバイダとの間の通話は無料、その他050番号への発信は有料ながら安価である一方、ひかり電話には、こうしたサービスはありません。

 他方、ひかり電話には、050IP電話にはないオプションがあります。

 例えば、前後して改正等々で加入電話(固定電話)の番号を利用可能地域内であれば、インターネットプロバイダを越えて移転することができたり、他方、プロバイダを越えて利用することはできませんが、ひかり電話のオプションサービスである「追加番号」で得た固定番号を使うことができたりします。

 前者は、LNP/Local Number Portabilityと呼ばれます(ちなみに携帯電話番号を移転できるのは、MNP/Mobile Number Portability)。

 つまり、050で始まる番号ではなく、今まで利用していた番号を含め、加入電話用の番号を使うことができるわけです。

 ただし、このままだと、ひかり電話と050IP電話の番号を併用することはできません。

 これら番号を併用する場合には、別途、IP電話対応機器と呼ばれるルータか、ルータ機能のないアダプタが必要となります。

 これは、例えば、NTTの場合、一時期無償提供されていた時期もあったようですが、以後は、NTTでレンタルか、購入できるようになっており、光回線用のホームゲートウェイ(ONU/ルーター)に接続して利用します。

 NTT推奨の050IP電話対応機器は、旧機種含め、Web Caster V100/110/120/130...等のWeb Casterシリーズ。

 他にも市販のVoIPアダプタやATA/Analog Telephone Adapter/アナログ電話アダプタなどと呼ばれる製品が販売されていたりもしますが、当然、NTTや各プロバイダのサポートはありません。

ウェブ造ホーム前へ次へ