気の向くままに辿るIT/ICT/IoT
webzoit.net
ECMAScript/JavaScript

12.6 反復ステートメント / Iteration Statements / Standard ECMA-262 5.1 Edition

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ECMAScript / JavaScript とは

12.6 反復ステートメント / Iteration Statements / Standard ECMA-262 5.1 Edition

ECMAScript言語仕様 / ECMA-262 5.1 Edition

 訳の正確性を保証するものではありませんので必要に応じて原文であるEcma InternationalECMA-262にある ECMA-262.pdf ( ECMA-262 5.1 Edition )を参照下さい。

訳:2012年04月 webzoit.net

ECMA-262 5.1 Edition 著作権情報

ECMA-262 5.1 読解時の留意点と原文リソース

12 ステートメント/文

12.6 反復ステートメント

【構文】
IterationStatement :
	do Statement while ( Expression );
	while ( Expression ) Statement
	for (ExpressionNoInopt; Expressionopt ; Expressionopt ) Statement
	for ( var VariableDeclarationListNoIn; Expressionopt ; Expressionopt ) Statement
	for ( LeftHandSideExpression in Expression ) Statement
	for ( var VariableDeclarationNoIn in Expression ) Statement

12.6.1 do-while 文

 プロダクション

do Statement while ( Expression );

は、次のように評価されます。

1. V = empty とする
2. iteratingは、trueとする
3. iteratingが、trueの間、繰り返し
	a. stmt は、Statementを評価した結果とする
	b. stmt.value が、emptyではない場合、 V = stmt.valueとする
	c. stmt.type が、continueでない、または、 stmt.target が、現在のラベルのセットではない場合、
		i. stmt.type が、breakで且つ、 stmt.target が現在のラベルのセットである場合、return (normal, V, empty)
		ii. stmt が、途中完了(an abrupt completion)である場合、 stmt を返す
	d. exprRef は、Expressionを評価した結果とする
	e. ToBoolean(GetValue(exprRef)) が、falseである場合、iteratingにfalseを設定
4. return (normal, V, empty)

12.6.2 while 文

 プロダクション

IterationStatement : while ( Expression ) Statement

は、次のように評価されます。

1. V = empty とする
2.繰り返す
	a. exprRef は、Expressionを評価した結果とする
	b. ToBoolean(GetValue(exprRef)) が、 falseである場合、return (normal, V, empty)
	c. stmt は、Statementを評価した結果とする
	d. stmt.value が、emptyではない場合、 V = stmt.value とする
	e. stmt.type が、continueでない、または、 stmt.target が、現在のラベルのセットではない場合、
		i. stmt.type が、breakで且つ、 stmt.target が、現在のラベルのセット内にある場合、
			1. return (normal, V, empty)
		ii. stmt が、途中完了(an abrupt completion)である場合、 stmt を返す

12.6.3 for 文

 プロダクション

IterationStatement : for (ExpressionNoInopt ; Expressionopt ; Expressionopt) Statement

は、次のように評価されます。

1. ExpressionNoIn が存在する場合、
	a. exprRef は、ExpressionNoInを評価した結果とする
	b. GetValue(exprRef)を呼ぶ(この値は使われないが、副作用を持つ場合がある)
2. V = empty とする
3.繰り返す
	a.1つめのExpressionが存在する場合、
		i. testExprRef は、1つめのExpressionを評価した結果とする
		ii. ToBoolean(GetValue(testExprRef)) が、 falseである場合、 return (normal, V, empty)
	b. stmt は、Statementを評価した結果とする
	c. stmt.value が、emptyではない場合、 V = stmt.value とする
	d. stmt.type が、breakで且つ、 stmt.target が現在のラベルのセット内にある場合、return (normal, V, empty)
	e. stmt.type が、continueでない、または、 stmt.target が、現在のラベルのセット内にない場合、
		i. stmt が、途中完了(an abrupt completion)である場合、 stmt を返す
	f.2つめのExpressionが存在する場合、
		i. incExprRef は、2つめのExpressionを評価した結果とする
		ii. GetValue(incExprRef) を呼ぶ(この値は使用されない)

 プロダクション

IterationStatement : for ( var VariableDeclarationListNoIn ; Expressionopt ; Expressionopt ) Statement

は、次のように評価されます。

1. VariableDeclarationListNoInを評価
2. V = empty とする
3.繰り返す
	a.1つめのExpressionが存在する場合、
		i. testExprRef は、1つめのExpressionを評価した結果とする
		ii. ToBoolean(GetValue(testExprRef)) が、 falseである場合、 return (normal, V, empty)
	b. stmt は、Statementを評価した結果とする
	c. stmt.value が、emptyではない場合、 V = stmt.value とする
	d. stmt.type が、breakで且つ、 stmt.target が、現在のラベルのセット内にある場合、 return (normal, V, empty)
	e. stmt.type が、continueでない、または、 stmt.target が、現在のラベルのセット内にない場合、
		i. stmt が、途中完了(an abrupt completion)である場合、 stmt を返す
	f.2つめのExpressionが存在する場合、
		i. incExprRef は、2つめのExpressionを評価した結果とする
		ii. GetValue(incExprRef)を呼ぶ(この値は使用されない)

12.6.4 for-in 文

 プロダクション

IterationStatement : for ( LeftHandSideExpression in Expression ) Statement

は、次のように評価されます。

1. exprRef は、Expressionを評価した結果とする
2. experValue は、 GetValue(exprRef) とする
3. experValue が、 null または、 undefinedである場合、 return (normal, empty, empty)
4. obj は、 ToObject(experValue) とする
5. V = empty とする
6.繰り返す
	a. P は、[[Enumerable]]属性が、trueである obj の次のプロパティの名称とする、そのようなプロパティがない場合、 return (normal, V, empty)
	b. lhsRef は、 LeftHandSideExpression を評価した結果とする (それは繰り返しと評価される場合がある)
	c. PutValue(lhsRef, P) を呼ぶ
	d. stmt は、Statementを評価した結果とする
	e. stmt.value が、 emptyである場合、 V = stmt.value とする
	f. stmt.type が、 breakで且つ stmt.target が、現在のラベルのセット内にある場合、 return (normal, V, empty)
	g. stmt.type が、continueでない、または、 stmt.target が、現在のラベルのセット内にない場合、
		i. stmt が、途中完了(an abrupt completion)である場合、 stmt を返す

 プロダクション

IterationStatement : for ( var VariableDeclarationNoIn in Expression ) Statement

は、次のように評価されます。

1. varName は、VariableDeclarationNoInを評価した結果とする
2. exprRef は、Expressionを評価した結果とする
3. experValue は、 GetValue(exprRef) とする
4. experValue が、 null または、 undefinedである場合、return (normal, empty, empty)
5. obj は、 ToObject(experValue) とする
6. V = empty とする
7.繰り返す
	a. P は、[[Enumerable]]属性がtrueである obj の次のプロパティの名称とする、そのようなプロパティがない場合には、 return (normal, V, empty)
	b. varRef は、識別子参照 (11.1.2)にあったように varName を評価した結果とする、それは繰り返しと評価される場合がある
	c. PutValue(varRef, P) を呼ぶ
	d. stmt は、Statementを評価した結果とする
	e. stmt.value が、emptyではない場合、 let V = stmt.value とする
	f. stmt.type が、 breakで且つ、stmt.target が、現在のラベルのセット内にある場合、 return (normal, V, empty)
	g. stmt.type が、continueでない、または、 stmt.target が現在のラベルのセット内にない場合、
		i. stmt が、途中完了(an abrupt completion)である場合、 stmt を返す

 (1つめのアルゴリズムのステップ 6.a. 、2つめのステップ 7.a. にある)プロパティの仕組みと列挙順は、指定されません。 列挙中のオブジェクトのプロパティは、列挙中に削除される場合があります。 プロパティが、列挙中に削除され、もはや存在しない場合、それは存在しないでしょう。 新たなプロパティが、列挙中に列挙されるオブジェクトに追加される場合、新たに追加されたプロパティが、アクティブな列挙内に存在する保証はありません。 プロパティ名は、列挙子内に1度以上現れてはいけません。  オブジェクトのプロパティを列挙中は、当該プロトタイプの列挙中のプロパティ、またはプロトタイプのプロトタイプ等々といった再帰を含みますが、同じ名称であるプロパティを持つプロトタイプチェーン内にあるオブジェクトの前に何かがある為に「陰になった」("shadowed"である)場合、プロトタイプのプロトタイプは列挙されません。 [[Enumerable]]属性の値は、プロトタイプチェーンにおけるプロトタイプオブジェクトのプロトタイプが、前のオブジェクトによって隠されているかどうかについて決める際には考慮されません。 [注釈] 11.13.1.注釈参照

ウェブ造ホーム前へ次へ