気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
インターネット接続環境

インターネット接続環境

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
自宅でインターネットを見たりホームページ作ったりしたいんだけど・・・

インターネット接続環境

インターネット接続環境とは

 インターネットを見るためにはまず電話回線やインターネット専用線が必要になります。

 電話回線やインターネット専用線とは以下のようなものです。

  1. ダイヤルアップ回線
  2. ISDN回線
  3. DSL/ADSL回線
  4. CATV/ケーブルテレビ回線
  5. FTTH・光ファイバー回線
  6. NGN・次世代ネットワーク

 特に3~5をブロードバンド回線などと呼ぶこともあります。往々にして番号順に単位時間あたりの送受信できる情報量が大きくなります。

 また次のような回線もあります。

 LANは、有線の場合、10BaseT/100BaseT/1000BaseTなどの通信ケーブルを利用しますが、電力線を利用したコンセント接続できるタイプのものもそろそろ出てくるでしょう。

  • 無線通信(無線LANなど)
  • コンセント接続回線(プラグイン)
  • 携帯電話や携帯情報端末による通信回線

 回線を利用するにはインターネットサービスプロバイダ(ISP)との契約が必要となります。

 プロバイダ選び、そのプロバイダと回線契約をして利用できる状態になったらパソコンとルータモデムを繋いで契約したISP各社のホームページや送られてくる資料でインターネットの接続設定をします。

 インターネット接続設定が完了したらお手持ちのパソコンのOSがWindowsなら「Internet Explorer(IE)」というブラウザ用のアイコンをダブルクリック(マウスの左ボタンを2回ポチポチッと押す)か、または、アイコンを選択してマウスの右のボタンをクリック(1回ポチッと押す)して出てくるメニューから「開く」をクリックして開くと今ご覧頂いているようにインターネットの情報を見る事ができるようになります。

 IEを開いたときに例えば、自動的にGoogleのホームページを開きたい場合には、ブラウザの上段のメニューから「ツール」>「インターネットオプション」をクリックすると「全般」タブの冒頭に「ホームページ」という項目がありますから、そこの入力欄に「http://www.google.co.jp/」と入力します。

 この設定が終わったら、一度IEブラウザ右上の「x」をクリックして閉じ、再度IEを開くと同時に自動的にGoogleのホームページが表示されます。

 また、インターネット接続環境が準備できたらプロバイダの情報から必要項目を設定する必要はありますがメールも使えるようになります。

 尚、ブラウザやメーラーは、フリーウェアも比較的豊富なのでお好みに合わせて利用するのもいいでしょう。

 ここまではインターネットを見る為の方法ですが、ご自身でホームページを作ってみようという場合には、

ということもできます。

ウェブ造ホーム前へ次へ