気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.net
ソフトウェア

GPT-3のExamples/Grammar correctionを試してみた

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
フリーソフト・オープンソースを活用しよう。

GPT-3のExamples/Grammar correctionを試してみた

GPT-3のExamples/Grammar correctionを試してみた

2021/11/27

 OpenAIの自然言語処理モデルGPT-3のExamples/Grammar correctionを試してみました。

Grammar correction

debian:~$ python openai_examples_grammar.py
('私はご飯を喋った\n日本語:',)
 
 おかずをごはんにした
debian:~$ python openai_examples_grammar.py
('私はご飯を喋った\n日本語:',)
 
{
 "id": "cmpl-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
 "object": "text_completion",
 "created": xxxxxxxx,
 "model": "davinci:2020-05-03",
 "choices": [
  {
   "text": " おかずをごはんにした",
   "index": 0,
   "logprobs": null,
   "finish_reason": "stop"
  }
 ]
}
debian:~$

 文章を標準的な英語に修正するGrammar correction

 おお、日本語の文法にも精通しているのか、一応意味は通ると言えば通りますし、答えは1つっぽいですが、間違った例文よりは全然マシ。

 このサンプルは、当然ながら?日本語で応答してくれてますね。

debian:~$ cat openai_examples_grammar.py
import openai
import os
import json
 
openai.api_key = os.getenv("OPENAI_API_KEY")
#prompt="Original: She no went to the market.\nStandard American English:",
prompt="私はご飯を喋った\n日本語:"
 
response = openai.Completion.create(
 engine="davinci",
 prompt=prompt,
 temperature=0,
 max_tokens=60,
 top_p=1.0,
 frequency_penalty=0.0,
 presence_penalty=0.0,
 stop=["\n"]
)
#print(prompt)
print(str(prompt))
print(" ")
print(response['choices'][0]['text'])
#print(str(response['choices'][0]['text']))
#print(json.dumps(response, ensure_ascii=False, indent=2))
debian:~$

 ソースはこんな感じ、環境変数OPENAI_API_KEYに自分のAPIキーが入っている前提です。

 そのままでは想定通り機能しないので一部オリジナルソースから変更しています。

 print()、もしくは、json出力しないと実行しても何も表示されないので何れかを追加する必要があり、後者用にimport jsonを追加。

 が、応答内容によっては、何れか一方では表示できないことがあり、他方を使用せざるを得ないこともあります。

 表示できないのが、print文なら、response配列を文字列にキャストすれば、たいていは凌げますが。

 応答文だけだとチャット状態にならず、問いかけ文も表示したいところ。

 が、サンプル通りだとprintやjson形式で出力しようにも問いかけ用の変数promptがスコープの範囲になく、スコープに入るようPythonの場合だとインデント階層を相応に上げたところで変数が登場(変数宣言)するようにする必要があります。

 また、promptの中身によっては、文字列にキャストしないとエラーとなるケースもありました。

ウェブ造ホーム前へ次へ