気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.net
ソフトウェア

GPT-3のExamples/Turn by turn directionsを試してみた

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
フリーソフト・オープンソースを活用しよう。

GPT-3のExamples/Turn by turn directionsを試してみた

GPT-3のExamples/Turn by turn directionsを試してみた

2021/12/04

 OpenAIの自然言語処理モデルGPT-3のExamples/Turn by turn directionsを試してみました。

Turn by turn directions

debian:~$ python openai_examples_turn_by_turn_directions.py
('254号線を犬吠埼灯台の方に行って市場のあるところを右に曲がって、あの海を真っ直ぐ渡ったところにあるのが、アメリカオレゴン州、スーパーのある角を左に曲がってひとっ飛びするとオーラビク国立公園、右折して10キロ進んだら、南下して海が見えたら左折、ずっとずっと真っ直ぐ行ってノルウェーに着いたら、右折、しばらくするとフランスだから、左折して真っ直ぐ行ったら日本だよ。地図の旅って楽ちんだね。',)
 
 スーパーのある角を左に曲がってひとっ飛びするとオーラビク国立公園
 
2. 南下して海が見えた
debian:~$ python openai_examples_turn_by_turn_directions.py
('254号線を犬吠埼灯台の方に行って市場のあるところを右に曲がって、あの海を真っ直ぐ渡ったところにあるのが、アメリカオレゴン州、スーパーのある角を左に曲がってひとっ飛びするとオーラビク国立公園、右折して10キロ進んだら、南下して海が見えたら左折、ずっとずっと真っ直ぐ行ってノルウェーに着いたら、右折、しばらくするとフランスだから、左折して真っ直ぐ行ったら日本だよ。地図の旅って楽ちんだね。',)
 
{
 "id": "cmpl-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
 "object": "text_completion",
 "created": xxxxxxxx,
 "model": "davinci:2020-05-03",
 "choices": [
  {
   "text": " スーパーのある角を左に曲がってひとっ飛びするとオーラビク国立公園\n\n2. 南下して海が見えた",
   "index": 0,
   "logprobs": null,
   "finish_reason": "length"
  }
 ]
}
debian:~$

 該当する自然言語の文章から目的地へのルートをたどるために進むべき方向を順次示すTurn by turn directions

 こんな無茶ぶりにも答えてくれようとしてくれるなんて健気。

debian:~$ cat openai_examples_turn_by_turn_directions.py
import openai
import os
import json
 
openai.api_key = os.getenv("OPENAI_API_KEY")
#prompt="Create turn-by-turn directions from this text:\n\nGo south on 95 unto you hit Sunrise boulevard then take it east to us 1 and head south. Tom Jenkins bbq will be on the left after several miles.\n\n1.",
prompt="254号線を犬吠埼灯台の方に行って市場のあるところを右に曲がって、あの海を真っ直ぐ渡ったところにあるのが、アメリカオレゴン州、スーパーのある角を左に曲がってひとっ飛びするとオーラビク国立公園、右折して10キロ進んだら、南下して海が見えたら左折、ずっとずっと真っ直ぐ行ってノルウェーに着いたら、右折、しばらくするとフランスだから、左折して真っ直ぐ行ったら日本だよ。地図の旅って楽ちんだね。"
 
response = openai.Completion.create(
 engine="davinci-instruct-beta",
 prompt=prompt,
 temperature=0,
 max_tokens=64,
 top_p=1.0,
 frequency_penalty=0.0,
 presence_penalty=0.0
)
#print(prompt)
print(str(prompt))
print(" ")
print(response['choices'][0]['text'])
#print(str(response['choices'][0]['text']))
#print(json.dumps(response, ensure_ascii=False, indent=2))
debian:~$

 ソースはこんな感じ、環境変数OPENAI_API_KEYに自分のAPIキーが入っている前提です。

 そのままでは想定通り機能しないので一部オリジナルソースから変更しています。

 print()、もしくは、json出力しないと実行しても何も表示されないので何れかを追加する必要があり、後者用にimport jsonを追加。

 が、応答内容によっては、何れか一方では表示できないことがあり、他方を使用せざるを得ないこともあります。

 表示できないのが、print文なら、response配列を文字列にキャストすれば、たいていは凌げますが。

 応答文だけだとチャット状態にならず、問いかけ文も表示したいところ。

 が、サンプル通りだとprintやjson形式で出力しようにも問いかけ用の変数promptがスコープの範囲になく、スコープに入るようPythonの場合だとインデント階層を相応に上げたところで変数が登場(変数宣言)するようにする必要があります。

 また、promptの中身によっては、文字列にキャストしないとエラーとなるケースもありました。

ウェブ造ホーム前へ次へ