気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
モバイル

フィーチャーフォン・ガラケー

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
モバイルって?

フィーチャーフォン・ガラケー

フィーチャーフォン・ガラケー

2018/06/04

 PHS、mova、FOMAなどのケータイ、携帯電話は5台は乗り換え、また、ザウルス、カシオペアなどのPDAなども併用していたり、持っていたりしたものの、スマホに移行するどころか、ガラケーすら解約、以後、PCのみで事足りてきた。

 しかし、時代は変わり、スマホやタブレットへの移行なんて進まない(ゴリ押しはするだろうが、市場が受け入れない)と思っていたら、見事に予想はハズレ、街から公衆電話がことごとく消えていくに連れ、携帯電話がないと電話するにも不便な時代になってしまった。

 と言っても自身はそうでもないが、親が不便そうだと思っていた折り、ガラケー・スマホ2台持ちの親戚が2千数百円/月でカケホーダイ(ガラケー)を利用していることを知った。

 宅内のネット環境については、去年だか一昨年だか、サービスの先行きも長くないということで仕方無しにADSLから光に移行し、家の電話は休止、IP電話料金の光電話サービスを利用、無線LANカードオプションなしのホームゲートウェイに無線LANルータをつなぎ、必要に応じて無線アクセスポイントとして使っているが、それでも電話代が結構な額になる親にとって2200円(税抜き)でかけ放題というのは、かなりお得。

MOTOROLA FOMA M702iS Neo black

 あとは、初期投資で、ガラケーを改めて買うのもな...と思ったのだが、よく考えてみたら、自身が過去使っていたガラケーが3台あることを思い出した。

 残念なことに内2台は、既にサービスが終わったmovaだったが、残りの1台は、FOMA(モトローラ製M702iS/docomo用)で今尚使えるらしい。

 捨ててしまったのか、ACアダプタはない、さすがに放置しすぎてバッテリも怪しい為、AmazonとYahoo!ショッピングで早速、購入。

NTT docomo 純正電池パック M03(M702iS)

 Motorola M702iSのバッテリ(M03)はこれ、Yahoo!ショッピング/pclifeで中古が1170円。

 代替品もあるようだが、M702iSには入らないなんて情報もあり、更に調べてみるとM702iS/M702iGは日本(docomo)モデルらしく、世界では、Motorola RAZRとか、MOTORAZRなどと呼ばれるシリーズであり、内、Motorola RAZR V3系からの派生が、M702iS/M702iGである模様、代替バッテリと言えば、Motorola RAZR V3用のようで電池容量が3.7V/720mAhと、M702iS純正の3.7V/900mAhよりもやや少ない。

 というわけで中古ながら純正品を買うことにした。

AC式モトローラ充電器M702iG M702iS 用 Motorola dokomo

 Motorola M702iS(/iGも?)の専用ACアダプタはこれ、Amazonマーケットプレイス/ユーディーピィで新品?790円。

 尚、事前調査してみるとUSBポートがミニUSBという変わり種のM702iS(/iGも?)には、当時の情報含め、専用のFOMA-ミニUSB変換アダプタ01なるもの+FOMA充電器が必要とあったが、変換アダプタ01なるものは自身は全く記憶にない...と探してみたらMotorola専用ACアダプタなるものを発見した次第。

 届き次第、使えるかどうか確認の上、使えれば、ドコモショップに出向いてカケホーダイを契約してこようと思う(ちなみにカケホーダイやデータプランのみはWeb申し込みもできない模様)。

 うまく事が運べば、遅まきながらモバイラーデビュー(親がね)。

 何の疑問も抱かず、アダプタがあって良かったとしか思っていなかったのだが、そう言えば、これACアダプタだけど、PCなどのUSBから、というか、モバイルバッテリーから充電する場合は...と手持ちの(なんとmicroではなく)mini USBケーブルで試みるも充電できず、どうやるんだ...?と思って探してみるとMotorola M702iS/M702iG/Motorola RAZR...は発売当時から、USB充電したい人たちの欲求が渦巻いていたようだ。

 どうやら普通のmini USBケーブルだとMotorola M702iS/M702iG/Motorola RAZR...は[通信モード](データ通信)と解釈し、充電できず、これを使うためには配線変更(改造)を要するとのことで試しに挑戦してみたが、小さすぎてはんだ付け段階で断念。

 中には、これらに対応したUSBケーブルを謳う製品もあったようだが、Motorolaの(ガラケー)専用ドライバをインストールしてあることが、つまり、できてもPC前提だったようで、そもそも、そうしたケーブルもソフトウェアも、いや、前者はバカ高かったり、状態不明だったりが気にならなければ、今もあるにはありそうだが、後者がないし、今となっては存在しない模様、ドライバが必要じゃ、何れにしろモバイルバッテリーではダメってことになる。

 今は、飛行機、新幹線、店などでも客用にコンセントを使える場所も増えているから、まだましだが、ACアダプタか、予備バッテリを持ち歩くしかなさ気。

2018/06/09

 一昨日バッテリが、昨日ACアダプタが届いた。

 バッテリは、ケータイ付属のものと状況が変わらなかった(電池マークが真っ赤で点灯していた=カラだった)為、翌日届いたACアダプタで充電してみるとどっちのバッテリも最初、電池マークが真っ赤な点滅状態となり、徐々に目盛りが1つ、2つ、3つと増えていき、1〜2時間?で充電完了し、完璧。

 昨日時点で一応、ドコモショップへ電話し、FOMAなら10年以上前の機種でも大丈夫か確認、「たぶん大丈夫」ということだった。

 電源入れっぱなしで今朝まで置いておいても電池残量メータがフルだったことを以て、ピッカピカで新品同様の見た目ばかりでなく、機能的にも、まだまだ現役でいけると判断し、早速、ドコモショップへ。

 M702iS(ガラケー)と免許証(身分証明書)、クレジットカード(/デビットカード/キャッシュカード)のみ、認印要らずで持ち込みガラケーによる新規回線契約完了、SIMを入れてもらい、即、通話可能となった。

 尚、現時点、「ドコモショップでは」、持ち込みケータイの「新規」回線契約については、ケータイ0円購入による新規契約扱いでのみ処理できるとのことで自身のケースの場合、キッズケータイを0円で購入、そのSIMカードをM702iSに入れたという「てい」(SIMなしキッズケータイも持ち帰ること)になった。

 ちなみに、その際、ドコモがFOMAガラケー持ち込みサポート中であればという条件下で、もし、今回契約したガラケーが壊れた場合、ガラホでもスマホでもなく、中古の入手などでガラケーを持ち込めば、「機種変更」扱いになるのか、尋ねたところ、「なる」とのことだった。

 というわけで我が親、今更ながらも、とうとうモバイルデビュー(ガラケーだけどね)。

2018/06/10

 ところでカケホーダイっていつからあったのか...ほお...2014年からか...おっ、相手が携帯・スマホでもいいのか...思っていた以上に電話代安上がりじゃん...。

 4年も気づかなかったとは...従量課金が当たり前だった当時、10年以上に渡ってケータイ通話・通信料(電話・メールのみ)にどれだけつぎ込んだかわからない自身としては、まさかキャリアがこんなサービス始めるとは思いもよらなかった...。

 このガラケー、契約はカケホーダイのみとはいえ、すっかり、忘れたM702iSの使い方、親に教えるためにも復習...。

 そこで検索してみると、ありがたいことに未だに存在するM702iSの取扱説明書をダウンロード、428ページもある...が、ざっと眺めてみた。

 おお、発売から12年経っているとは思えないほどの高機能じゃんか...。

 画質はさておきカメラはもちろん、テレビ電話、手放しのスピーカー通話、カケホーダイの対象外ではあるが国際通話もでき、無線もbluetooth、赤外線通信、通信モード/microSDモードを選択可能なUSBモードの3種...。

 とりあえず、自身初となるbluetoothを体験してみることに...。

 OSはDebian(Linux)、デスクトップは主にMATE、Debian Wiki ja/BluetoothUserによるとその名もbluetoothパッケージ、GUIのgnome-bluetooth、bluemanなどがあるらしい。

 更にbluezなるものも...また、M702iSの製造メーカーであるmotorolaでリポジトリ検索するとbluetooth、IrDA、Wifiなどが使えるanyremoteパッケージなどがあり、とりあえず、どれもこれも入れて、念の為、再起動してみたら、タスクバー上とメニューから[システム] => [設定] => [ハードウェア]を辿ったところに[Bluetoothマネージャ]、後者には[Bluetoothアダプタ]もある。

 Debian上で[Bluetoothマネージャ]を起動しつつ、ガラケーM702iSの[接続設定]から[ネットワーク?]アイコン => [Bluetooth]アイコン、[Bluetooth接続待機]を選択すると一瞬[接続待機時間:3分]と表示され、ホーム画面上部にBluetoothアイコンが点滅するので、この間にDebian側からアクセス。

 ちなみにM702iSを待機させずにM702iSからDebianをペアリングしようにもBluetoothバージョンが古いからだろう、見つけ出せなかったが、後述のようにDebianからアクセスしてペアリング完了した後は、M702iSからもアクセスできるようになった。

  1. M702iSのBluetooth[接続待機時間:3分]以内にDebian上の[Bluetoothマネージャ]から[検索]
  2. M702iS上で変更も可能なBluetooth通信先名の名称がヒット
  3. 対象機器(行)を選択した状態で[ペアリング]ボタンを押下
  4. なぜか、自動で前面には、ポップアップされないが、タスクバーにはあるので選択、[PIN]コード入力画面を表示させる
  5. [PIN]コードとして[1ケタ以上の任意の数値]を入力
  6. M702iSが着信状態のようになり、[debian]のような名称からのアクセスを許可するか否かの[はい/いいえ]選択状態となる
  7. ここで[はい]を選択すると[パスキー]を問われるのでDebian上で入力した任意のPIN番号を入力
  8. PINコードとパスキーが一致すれば、ペアリング完了
    (同時にM702iS側のBluetoothメニューの[登録機器リスト]にも[debian]と表示されるようになった)

 取説を参考にM702iSから電話帳を1件送信してみるとDebian上の[ダウンロード]フォルダに.vcfファイルがダウンロードされた。

 これで写メや電話帳をPCにバックアップすることもできる。

 Bluetoothデビュー...っていうか、なんとなく自身が敬遠していたbluetoothってそんな昔に既にあったのか。

2018/06/18

 M702iSに入れっぱなしで放置してあった充電池より、中古で買った充電池の方が、どうも電池の消耗が少ない(長持ちする)ようだ。

 待機時間は、じっくり比較していないものの、何れも少なくとも2日程度放置しておいても充電マーク上は満充電のままだが、いざ、使用すると、特に電話をかけると前者はあっという間に消耗するが、後者はたいして消耗していないように見受けられる。