気の向くままに辿るIT/ICT/IoT
webzoit.net
ハードウェア

Raspberry Piの起動

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
Raspberry Piって?

Raspberry Piの起動

Raspberry Piの起動

2018/12/06

 Raspberry Piは、NOOBSによるインストールやOSイメージをダウンロード、ddや適切なコピーツールを使い、バージョンによって可能なmicroSDカードやUSBメモリなどに書き込めば、何事もなく起動します。

 ただ、一度書き込んだラズパイ用ブートデバイスから他のデバイスにコピーしようと思った場合、コピー先デバイスにパーティションを切ってフォーマットし、rsyncを使ったりすると起動しなくて一瞬、あたふたすることも。

random crng init done

 [random crng init done.]なんてメッセージが出た際は、ブートデバイスが不明である(指定されているデバイスが異なる)ことが原因と考えて良いでしょう。

 自身は、まさにrsyncした時にこれに遭遇。

 原因は、cmdline.txtやコピー先の/etc/fstabのPARTUUIDやUUIDが実際と異なることでした。

 異なるデバイス・メディアに中身だけコピーした為、一意な識別子であるUUIDも異なるのは当然ですよね。

 尚、デフォルトでUSBブートできるRaspberry Pi 3 Model B+では、/boot/cmdline.txtに[/dev/mmcblk0pX]や[/dev/sdaX]ではなく、PARTUUIDで指定されていました。

 編集用にしているパソコンでblkid /dev/sdbXして得たPARTUUIDやUUIDで、それぞれマウント後、/boot/cmdline.txtや/etc/fstabに反映すべく、修正すれば、OK。

 swap領域作ってswap onしたのに/etc/fstabに書いてなかったりすると、一瞬、[a start job is running for dev-desk-by...]というメッセージが表示され、1分30秒カウントし始めたと思いきや、スキップして起動したりします。

a start job is running for dev-desk-by...

 ブート時に[a start job is running for ...]と表示され、1分30秒きっちり待たされる場合は、まさにUUIDが異なっているので修正します。

 ちなみに、この時は、がんばって起動してくれるはずなので起動後に修正可能です。

ddコマンドオプション指定方法間違い

 自身が今回rsyncすることにしたのは、サイズの異なるパーティション間でコピーすべく、ddのコマンドラインオプションbs、countの指定を間違えたようで2回ほどセクタが干渉しているとかで失敗したからです。

 そうだとするとGPartedなどパーティショニングソフト上でエラーが表示されるはずで、この場合は、他の手段含め、やり直すしかなさそうです。

 e2fsckとresize2fsを使って修復する方法もありますが、自身のエラーの場合?e2fsckに[-p]や[-y]オプションを使って自動修復しようとしたところ、実行直後に「ちょっと困ったエラーがあるから手動で調整しなよ、ここでAbort(停止)する?(y)」といった旨のメッセージが表示され、全てyesとする先のコマンドオプションを使っても、いきなりここで終わってしまうので意味がなく、手動にしたら、Enter押しまくっても、いつまでも終わらない地獄にハマり、他の手段としてrsyncを選んだ次第。

 結果的にイメージをダウンロードしてddしてから、追加で環境構築した方が早かったかもしれません。

その他

 他の原因は、想定するのも不毛なのでやめておきます。

ウェブ造ホーム前へ次へ