気の向くままに辿るIT/ICT/IoT
webzoit.net
IoT・電子工作

自作ラズパイスマートスピーカーでリモコン付き扇風機を音声操作

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
Raspberry Piって?

自作ラズパイスマートスピーカーでリモコン付き扇風機を音声操作

自作ラズパイスマートスピーカーでリモコン付き扇風機を音声操作

2019/04/15

 以前、作って運用しつつもブラッシュアップ中のRaspberry Pi 3 Model B+とJulius、Open JTalkベースの自作スマートスピーカーがあります。

 現状、主な機能は、

 ちなみにPC/Debianにも自作スマートスピーカー機能を搭載してみています。

リモコン付き扇風機を音声操作

 今回は、リモコン付き扇風機の音声操作について。

 家電操作リモコンには、やはり、ESP-01/12/ESP32でリモコン付き扇風機をWiFi操作します。

概要

 詳細は、自作スマートスピーカー、自作スマートリモコン、エアコン操作など各リンク先に譲りますが、概要としては、次のようになります。

 何をどう操作するかイメージすべく、

$ pwd
/home/xxx/julius/path/to/dictation-kit
$ vi ./mydic.list
<sil> [] silB
<sil> [] silE
<sp> [] sp
スタンバイ [スタンバイ] s u t a N b a i
ニュートラル [ニュートラル] n u t o r a r u
...
2階洋室1の扇風機つけて [2階扇風機運転] n i k a i y o u s i t u i ch i n o s e N p u: k i t u k e t e
2階洋室1の扇風機消して [2階扇風機停止] n i k a i y o u s i t u i ch i n o s e N p u: k i k e s i t e
2階洋室1の扇風機首振り [2階扇風機首振り] n i k a i y o u s i t u i ch i n o s e N p u: k i k u b i f u r i
2階洋室1の扇風機の風量上げて [2階扇風機風量アップ] n i k a i y o u s i t u i ch i n o s e N p u: k i f u: r y o: a g e t e
...
$ iconv -f utf8 -t eucjp mydic.list > mydic.eucjp
$

 数台ある場合、文言も工夫を要しますが、せめて同一フロアごとにスマートスピーカーを置いてそれぞれ操作した方が良さそうですね...。

 音声認識ソフトウェアJulius用には、

 []内が応答スクリプトvoicerecieve.plに音声テキスト(条件分岐の条件)として渡される部分。

$ pwd
/home/xxx/sound/
$ vi ./voicerecieve.pl
#!/usr/bin/env perl
...
      # 【扇風機】
      when("2階扇風機運転"){
       system("/home/xxx/sound/script/cool_fan_1_control.pl power &");
      }
 ...
      when("2階扇風機停止"){
       system("/home/xxx/sound/script/cool_fan_1_control.pl stop &");
      }
 ...
      when("2階扇風機首振り"){
       system("/home/xxx/sound/script/cool_fan_1_control.pl neck_swing &");
      }
 ...
      when("2階扇風機風量アップ"){
       system("/home/xxx/sound/script/cool_fan_1_control.pl wind_amount_up &");
      }
 ...
 

 Juliusから渡される音声テキストへの応答スクリプトvoicerecieve.plは、

 このようなPerlスクリプトの場合、system()を使って実際の家電操作スクリプトcool_fan_1_control.plを呼ぶ。

$ pwd
/home/xxx/sound/script
$ vi ./cool_fan_1_control.pl
#!/usr/bin/env perl
use utf8;
#use strict;
use warnings;
 
use 5.10.0;
 
use Encode;
use IO::Socket;
 
use LWP::Simple;
use LWP::UserAgent;
use HTTP::Request::Common( "GET" );
 
# テレビ用スマートリモコンサーバー
local $esp_coolfan1_server='esp_coolfan1.local';
 
if ($ARGV[0] eq "power"){
  print "$esp_coolfan1_server/POWER ON\n";
 
  #### インスタンスの生成
  my $ua = new LWP::UserAgent;
  $ua->timeout( 10 );
  #### 要求条件を生成
  my $req = GET( "http://esp_coolfan1.local/power" );
  my $res = $ua->request( $req );
  print $res->as_string;
}
...
elsif ($ARGV[0] eq "stop"){
  print "$esp_coolfan1_server/POWER OFF\n";
  my $ua = new LWP::UserAgent;
  $ua->timeout( 10 );
  my $req = GET( "http://esp_coolfan1.local/stop" );
  my $res = $ua->request( $req );
}
...
elsif ($ARGV[0] eq "neck_swing"){
  print "$esp_coolfan1_server/NECK SWING\n";
  my $ua = new LWP::UserAgent;
  $ua->timeout( 10 );
  my $req = GET( "http://esp_coolfan1.local/neck_swing" );
  my $res = $ua->request( $req );
}
...
elsif ($ARGV[0] eq "wind_amount_up"){
  print "$esp_coolfan1_server/WIND AMOUNT UP\n";
  my $ua = new LWP::UserAgent;
  $ua->timeout( 10 );
  my $req = GET( "http://esp_coolfan1.local/wind_amount_up" );
  my $res = $ua->request( $req );
}
...
else {
  print "Argument Error!";
}

 エアコン各種操作スクリプトcool_fan_1_control.plは、

 ユーザーエージェントのインスタンス化、タイムアウト、リクエスト要求は、共用してもよいかも。

 また、use文は、要らないのもあるかも。

 自動起動時(や現在のログイン状態)に反映すべく、

 リモコン送受信回路については、

ウェブ造ホーム前へ次へ