気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
IoT・電子工作

Arduinoとサーボモータで1軸ソーラートラッカーのデモ

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
Arduinoって?

Arduinoとサーボモータで1軸ソーラートラッカーのデモ

Arduinoとサーボモータで1軸ソーラートラッカーのデモ

1軸太陽光追尾装置試作模型
2018/03/31

 Arduinoを使って『ソーラートラッカー(太陽光追尾/追従/追跡装置)』のデモンストレーションをやってみるページ。

 今回は、Arduino Solar Tracker with ServoMotor(1軸)のスケッチをそのまま使わせて頂いた。

回路

1軸太陽光追尾装置試作模型の回路

 必要となるのは、Arduinoボード、サーボモータ、ブレッドボード各1個、光センサ(CdSセル)、抵抗10Kを各2個、ジャンパワイヤ適量。

 金額的には、サーボやCdSセルは10個セットなどまとめ買い単価割りするとしてAmazonやAmazonマーケットプレイス価格で約700〜900円程度かと。

 今回、サーボモータには、1.8kgf程度と思われるプラスチック製ギアのマイクロサーボモータSG90を使ったが、パネルサイズや固定部の材料などにもよるにしても実際には、金属製ギアでもっとパワーのあるものが必要になるのではないかと思われる。

 スケッチは、リンク先を参照。

 サーボモータの上の造形物は、見ての通り、ダンボール(薄手のもの)。

 アーム部分だけでもよくね?という気もするが、ソーラーパネル風にそれっぽく!?プレート部もつけてみた。

 アーム部分とプレート部分は両面テープ、アーム部分とサーボモータは、付属ホーンを取り付けたサーボ付属のビスで、サーボモータ自体は、100均のミニバイスで固定。

 動作・挙動は、こんな感じ。

 ソーラーパネルを載せているわけでもなく、太陽光での検証は、時間がかかり過ぎ、やったとしても定点観測後、数千、数万倍速再生...というのは現実的ではない。

 よって、ここでは、一方のCdSセルにライトで光を当てたり、他方を手で覆ったりすることで30秒程度に収まるテストを行なった。

EasyWordMall Arduino UNO R3互換ボード(USBケーブル付属)

EasyWordMall Arduino Pro Mini互換ボード Atmega328 5V 16MHz

Rasbeeオリジナル FT232RL互換 3.3V/5V FTDI/USB/TTL変換アダプタ

KKHMF Arduino Nano Ver 3.0互換ボード ATmega328P CH340G 5V 16MHz

OSOYOO(オソヨー) SG90 9g マイクロサーボ (10個セット)

EasyWordMall GL5539 CdS 光感応抵抗 5mm 10個

Rasbee 400穴 ブレッドボード 8.5*5.5cm 1個

HiLetgo 400穴 ブレッドボード 8.5*5.5cm 5個セット

HiLetgo 400穴 ブレッドボード 8.5*5.5cm 10個セット

Rasbee SY-170 ミニブレッドボード カラフルブレッドボード 5個

HiLetgo ジャンパーワイヤー(オス-オス) 20cmx40本 5セット

Rasbee ジャンパーワイヤー(オス-オス) 各種長さx65本

HiLetgo 1/4W 金属皮膜抵抗バッグ 41種x20個=820個

備考

 Arduinoでの試作、デモ回路を模索する中で今回、ソーラートラッカーをチョイスしたまでであって現時点では、まだ、ソーラーシステムの自作は考えていない。

 だいぶ前に検討、必要資材も見繕ってはみたのだが、必要なパネル容量・サイズ、バッテリサイズ、これに伴う設置場所...を決め兼ね、加えて試算上、費用対効果がイマイチというのが、未だ着手していない主な理由。

 というか、以前、Arduino Solar Tracker(2軸)にチャレンジしてみたものの、テスト方法を誤って挫折したことがある。

 1軸がわかってしまえば、スケッチも構造も2軸はそれほど難しくなさそうだが、商用では、どうも1軸が主流らしいという噂も。

 商用の場合、往々にしてパネルを敷き詰めて並べるから上下方向で角度変えても...、それか、太陽の高さが変わるのが、数カ月ごとというレベルだとコスパ面でも、その時に手動、もしくは、手作業を伴う電動でいっかという話に落ち着くとか、実は、黄金比があって一年中固定でベストな角度があるんだよねとかなのかな?