気の向くままに辿るIT/ICT/IoT
webzoit.net
IoT・電子工作

Arduino互換機ほかIoT・電子工作パーツ類の追加購入29

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
電子工作って?

Arduino互換機ほかIoT・電子工作パーツ類の追加購入29

Arduino互換機ほかIoT・電子工作パーツ類の追加購入29

2020/10/20

 AliexpressでESP32開発ボード2種、OV2640 x3、ラズパイ用電源、ACアダプタ12V/2A x2、送料値引き0.31ドル・送料込み19.07ドル。

2020/11/06

 Aliexpressでフタ・スイッチ付き単3x4 電池ボックス 7個 送料込み5.09ドル。

[2020/11/13]

 先日、ESP32開発ボード2種、OV2640 x3、ラズパイ用電源を買ったセラー、届いてみたら、頼んでいない昇圧モジュールMT3608と思しきものが1個入っていたのですが、間違いか、はたまた、立て続けの2度めの購入ということで、おまけ?

2021/01/12

 AmazonでWiFiルーターとLANケーブル10m 送料無料4646円。

目視/動作確認・レビュー

ESP32 DevKitC V4

[2020/10/20]

 Aliexpress/All ELECTRONICS MALLでESP32 DevKitC V4 (ピンヘッダハンダ済み) 1個 3.46ドル 送料0.22ドル(Cainiao Super Economy for Special Goods[配送目安:30-50日])。

[2020/11/13]
ESP32 DevKitC V4 Aliexpress/All ELECTRONICS MALL 2020/11/13到着分

 ESP32 DevKitC V4、発注から24日(LP+数字14桁の追跡番号においてCAINIAO追跡で[Arrive at destination country 2020-11-04 16:59:40 [GMT+8]]から9日、追加番号UC...TWの追跡番号において17Track追跡で[2020-10-24 09:22Last mile=> Destination country post, number LP...]から20日、[2020-11-06 13:30日本, 預計抵達寄達國]から7日)で届きました。

 USBケーブルをPCに接続、Arduino IDEのシリアルモニタに一定の情報が表示されることを以て動作確認としました。

ESP32 DevKit V1

[2020/10/20]

 Aliexpress/All ELECTRONICS MALLでESP32 DevKit V1 (ピンヘッダ未ハンダ) 1個 3.30ドル 送料0.22ドル(Cainiao Super Economy for Special Goods[配送目安:30-50日])。

[2020/11/13]
ESP32 DevKit V1 Aliexpress/All ELECTRONICS MALL 2020/11/13到着分

 ESP32 DevKit V1、発注から24日(LP+数字14桁の追跡番号においてCAINIAO追跡で[Arrive at destination country 2020-11-04 16:59:40 [GMT+8]]から9日、追加番号UC...TWの追跡番号において17Track追跡で[2020-10-24 09:22Last mile=> Destination country post, number LP...]から20日、[2020-11-06 13:30日本, 預計抵達寄達國]から7日)で届きました。

 USBケーブルをPCに接続、Arduino IDEのシリアルモニタに一定の情報が表示されることを以て動作確認としました。

OV2640

[2020/10/20]

 Aliexpress/All ELECTRONICS MALLでOV2640カメラ @1.18ドル 3個 3.54ドル 送料0.45ドル(Cainiao Super Economy for Special Goods[配送目安:30-50日])。

 あまりに華奢で2つも壊してしまったESP32-CAM用OV2640、もう買わないと思いましたが、他に気になるものもあった同店で予備1個含め衝動買い。

[2020/11/13]
OV2640カメラ Aliexpress/All ELECTRONICS MALL 2020/11/13到着分

 OV2640カメラ、発注から24日(LP+数字14桁の追跡番号においてCAINIAO追跡で[Arrive at destination country 2020-11-04 16:59:40 [GMT+8]]から9日、追加番号UC...TWの追跡番号において17Track追跡で[2020-10-24 09:22Last mile=> Destination country post, number LP...]から20日、[2020-11-06 13:30日本, 預計抵達寄達國]から7日)で届きました。

 なんとOV2640カメラ単体で買ってみたら、ソケットまで付いてきましたが、仮にソケットをハンダ付けしないといけないとしても、難しそう。

 3個とも手持ちのESP32-CAMに装着、FTDIモジュール+USBケーブルを介してPCに接続、avahi-browse -alrtで確認したmDNS名.localでアクセスするとブラウザにパネルが、Start Streamボタン押下で映像が表示されることを以て動作確認としました。

 結果、壊れていないかに思われたESP32-CAM本体の2個中、1個が壊れている模様であることが判明、奇しくも前回、同店で買った方っぽい...。

 逆に壊れていたかに思われたOV2640、2個中、1個は壊れていなかったことが判明。

 ESP32-CAM 1個に対し、OV2640、4個...。

Raspberry Pi 3B用電源 5V/2.5A

[2020/10/20]

 Aliexpress/All ELECTRONICS MALLでRaspberry Pi Model 3 B用 電源アダプタ 5V/2.5A 1個 2.16ドル 送料0.22ドル(Cainiao Super Economy for Special Goods[配送目安:30-50日])。

 既に事足りていると言えば事足りているのですが、あまりの激安っぷりに2信8疑ながらも、コレが使えれば、2台ある3B+には無理でしょうが、ラズパイ 2 Bで使っているものの、スイッチ付きコンセントで電源をON/OFFしている関係で実質、1ポート無駄になっているAnker 2ポート PowerIQ 24W(5V/2.4A x 2 port)と置き換えられるかなと。

[2020/11/13]
Raspberry Pi Model 3 B用 電源アダプタ 5V/2.5A Aliexpress/All ELECTRONICS MALL 2020/11/13到着分

 Raspberry Pi 3B用 AC電源アダプタ 5V/2.5A、発注から24日(LP+数字14桁の追跡番号においてCAINIAO追跡で[Arrive at destination country 2020-11-04 16:59:40 [GMT+8]]から9日、追加番号UC...TWの追跡番号において17Track追跡で[2020-10-24 09:22Last mile=> Destination country post, number LP...]から20日、[2020-11-06 13:30日本, 預計抵達寄達國]から7日)で届きました。

 想定通り、Raspberry Pi 3B+では、電圧・電流不足で使えませんでしたが、2B用には、使えました。

 先の動作確認は、手持ちのUSBケーブルによるものです。

 というのも付属していたUSBケーブルは、USB-A側端子がガバガバでACアダプタに挿すとガタつく、端子部カバーキャップもただハメただけにしても貧弱過ぎてUSB-A側もmicroUSB側も1度挿抜しただけで端子カバーが外れ、USBチェッカーにつないでいたので見るとハンダ部は、外れてはいないものの、接触不良なのか、断線したようで電圧はかかっていますが、電流が流れず、通電しなくなりました。

 というわけで微妙ながらも2Bに使っていたAnkerのPowerIQのUSB充電器2ポートは他で使えそうです。

ACアダプタ 12V/2A

[2020/10/20]

 Aliexpress/KKQ Lighting StoreでACアダプタ 12V/2A 1個 2.64ドル 送料0.24ドル(Cainiao Super Economy Global[配送目安:30-50日])。

[2020/11/07]
ACアダプタ 12V/2A Aliexpress/KKQ Lighting Store 2020/11/07到着分

 ACアダプタ 12V/2A、発注から17日(UW...CNの追跡番号においてCAINIAO及び17Track追跡で[2020-11-04 18:51川崎, 到达寄达地]から3日)で届きました。

 型番は、MODEL:1220とあります。

 電流は未計測も無付加電圧が12.37Vあることを以て動作確認としました。

 QvvCev Official Storeと同じ(系列)店なのか、差出人も発送日も配送方法も外装も梱包の仕方も商品も到着便も到着日も全く一緒。

ACアダプタ 12V/2A

[2020/10/20]

 Aliexpress/QvvCev Official StoreでACアダプタ 12V/2A 1個 2.69ドル 送料0.24ドル(Cainiao Super Economy Global[配送目安:30-50日])。

[2020/11/07]
ACアダプタ 12V/2A Aliexpress/QvvCev Official Store 2020/11/07到着分

 ACアダプタ 12V/2A、発注から17日(UW...CNの追跡番号においてCAINIAO及び17Track追跡で[2020-11-04 18:51川崎, 到达寄达地]から3日)で届きました。

 型番は、MODEL:1220とあります。

 電流は未計測も無付加電圧が12.38Vあることを以て動作確認としました。

 KKQ Lighting Storeと同じ(系列)店なのか、差出人も発送日も配送方法も外装も梱包の仕方も商品も到着便も到着日も全く一緒。

フタ・スイッチ付き単3x4 電池ボックス

[2020/11/06]

 Aliexpress/Taimei StoreでAA 単3x4 電池ボックス 7個 @0.22ドル 1.54ドル 送料3.55ドル(China Post Ordinary Small Packet Plus[配送目安:15-29日])。

 7個なのは、送料で帳尻を合わせる価格設定のようで、かつ、数によって配送方法と送料が異なり、10個以内だと7個が最もお得ぽかったので...というか、こういう販売方法の店が、ちゃんと送ってくれるのかって話もありますが、その時はその時で...。

 鳥よけ装置3セットで使っている、以前、Amazon/Hiletgoで買った手持ちの電池ボックスは、フタ・スイッチなしでスイッチはともかく、エネループとサイズが合っていないのか、装置を動かした時はもちろん、ただ、置いておいても徐々にマイナス側のバネで押し出されるのか、挿入部を上にして斜めにして立てても結構、電池が外れやすく、やはり、フタがあれば、違うかなと。

[2020/11/17]
AA 単3x4 電池ボックス フタ・スイッチ付き Aliexpress/Taimei Store 2020/11/17到着分

 おお、ちゃんと、しかも早く、単3x4 電池ボックス フタ・スイッチ付き、発注から11日(UW...CNの追跡番号において17Track追跡で[2020-11-14 21:08 川崎, 到达寄达地]から3日)で届きました。

 エネループやDaiso ReVOLTESを入れ、フタが締り、スイッチONで相応の電圧を表示できることを以て動作確認としました。

 ただ、どれもスイッチOFFの時でも(デジタルですが、)0.002〜0.032くらいに振れるのですが、これは普通?

 ピタッ、ビシッと0になるもんじゃないんですかね、スイッチ付きは初めてなのでよくわかりませんし、基本、OFFにすることは考えてないので構いませんが。

Wi-FiルーターELECOM WRC-1167GS2-B

[2021/01/12]

 Amazonでエレコム WiFiルーター 無線LAN 親機 11ac 867+300Mps 有線ギガ IPv6(IPoE)対応 ブラック 日本メーカー 【iPhone11 / iPhoneSE2 メーカー動作確認済み】 WRC-1167GS2-B 3955円(40ポイント付き)。

 アクセスポイントとして使っていた5年以上前に買ったELECOM WRC-300FEBK/WRC-F300NF、接続が頻繁に切れるというか、一瞬接続したかと思うとすぐに切れるようになったため代替として。

 ELECOMにこだわりがあったわけではないものの、いろいろと比較検討していったら、たまたま。

 できれば白が良かったのですが、白のWi−Fiルータは、選択肢が限られるので致し方なく黒。

 あと、基本最初だけとは言え、設定するごとに97秒?([後日談]届いてやってみたら100秒だった...見た目は99からカウントダウンだけど。設定内容によっては、数秒の場合も)待たなければならないっぽいのは微妙...そう言えば、WRC-300FEBK/WRC-F300NFでもだいぶ待たされた記憶が...。

 ちなみに自作ラズパイ/Julius/Open JTalkでスマートスピーカー、パソコン、スマホを無線でつないでも、自作の各種ホームオートメーション機器操作もWiFi下のスマホでYouTube観ても300Mbpsで困ることもなかったのですが、今となっては、わざわざ300Mbps程度のルータを買うと割高感があるので。

 というか、5年で壊れたのは寿命ですよね?まさか、去年9月に買ったスマホ、スリープでもWiFiをOFF、復帰でON、自宅など決まった場所でWiFiオン、外でオフなどアプリで自動化して頻繁に切り替えているのですが、もー、超忙しいな、ったく...みたいに、それが原因でWiFiルータが壊れるってことはないですよね?というか、それを言うならスマホの方が...わがんね。

2021/01/13

 !?単に電源プラグやLANケーブルの接触不良だったのか、復活した模様...新しいの買っちゃったから、なにくそー!!!って奮起したのか...。

2021/01/14
外箱 Wi-FiルーターELECOM WRC-1167GS2-B by Amazon 2021/01/14到着分

 届きました。

 箱はこんなで、

中身 Wi-FiルーターELECOM WRC-1167GS2-B by Amazon 2021/01/14到着分

 中身はこんな感じ。

 これまで使っていたELECOM WRC-300FEBK/WRC-F300NFと比べると値段2倍、厚さ2倍、面積4倍、体積8倍って感じ?でかっ。

 わかってはいたので別に構いませんが、WANポートx1、LANポートx4って点は同じなのに、この差は何?

 ぬぬ、Elecom、相変わらず、設定方法が、これまたトリッキーだな...前使ってたのとまた違うし、公式サイトにはあるが、同梱書類にはルータとして速攻使う以外の設定方法皆無だし。

 って、今どき、httpsじゃないとは...転送忘れてるだけだろとhttpsにしてみたらダメだった。

 というか、アクセスポイントにIPアドレスなんてあったっけ...!?今まで意識したこともなかったのですが、あることを知らないと、そしてそれを調べないとAPモードなどルータ以外の設定画面開けない...。

 ルーターモードの画面から設定はできましたが...すごい罠っぽい...。

 自身は、別件でスマホのアプリPingTools Network UtilitiesのLocal Networkを眺めていて、なぜか、アクセスポイントにしてる、このWRC-1167GS2の名前でIPアドレス振られてるのを不思議に思っていました...。

 その後、気になって、ふとブラウザURL欄にそのIP入れてみたら、なんとどうやってもルータ以外の設定画面が表示されなかった中、アクセスポイントの設定画面が表示された!これを以て表示方法を知るに至りました...。

 それまでの数分は、アクセスポイントとして機能はしているし、開く方法わからないし、どう検索したものやら思い浮かばないし、表示されなくても、いっかと諦めていました...そんな中、先のアプリでIPが表示されていて...。

 スマホなかったら、相応のアプリがなかったら、それを入れてなかったら、一生気づかなかったかも...あ、Linux使ってるからavahi-browse -alrtで気づいたか...。

 それはそれとしてこれまで使ってきたルータの電源を抜き、これのSSIDを新しいルータに設定してやってみると...。

 ルーターの対応デバイス台数にルーター自体も含まれるのか、更にこれまでになかった不明のデバイスも増え、16台対応なんて書いてあるけど、認識されてるのは13端末程度、何れにせよ、その分、あぶれたっぽく、mDNSを使えないゆえに仕方なくIPで操作していた自作スマート家電のいくつかが、先のアプリでもavahi-browseでも検出されなくなりました...。

 値段半額の自社商品に対応台数負けとるやないかい...いや、同じくらいだったのかもしれんけど、実質使えなくなったやん...。

 っていうか、VPN含め、サーバにしているラズパイ落とせば、全部疎通して機能するようになったけど、それじゃ外から操作できないやん...なんちゅうオチや。

[2021/01/20] と思ったら、後述の通り、ルータは関係ありませんでした...ルータさん、ごめん。

[2021/01/15]

 若干、微妙な記述にも見えるものの、Vol.55 Wi-Fi(無線LAN)を使用するときに気を付けたい接続台数と設置場所に単純にアクセスポイント(WiFiルーター)を増やせば、その分だけ接続台数増えるっぽいことが書いてあったので、やってみましたが、元のルータに元々のSSIDを設定、新しい方も相応のSSIDにしただけで新しい方に接続させている端末がない今は、その成果はわからず...。

 でも、自身も以前から、そうしたらどうなのかな?って考えたこともあったのですが、これって論理的にはあってますよね?

[2021/01/16]

 先日使っていなかった1台含め、端末3つほどを新しい方にしてみたところ、avahi-browseで検出される数も実際、各家電用自作スマートホームブラウザ操作画面を表示できる数も増えたので、効果はあったようですが、あと一歩、他は何を移そうかな...。

 ということは、新旧ともにぶら下げられる端末数は同じくらいだったってことっぽいですが、単純に倍くらいになるのかな?

 ともだちWiFiとか、マルチSSIDとかは、ルータの接続台数に含まれるんですよね、きっと...、なら、もっと多く接続できる機種にした方がよかったかな...。

 先の結果からしてESP8266/ESP32も1つと数えるのかどうか曖昧だったけど数えるみたいだし、それにしても今まで使ってたものの接続台数わからなかったし、ちょうど限界くらいだったなんて思わなかったし...。

 あれ、avahi-browseの結果がおかしくなった...、IPもおかしい...、mDNSの限界もあるの!?

[2021/01/20]

 ん?もしかしたら、Administering and using CUPSあたりに起因するのかも?と思ったら、まさに、そうでした。

 Samba以外にCUPSも入れてあるラズパイを起動してavahi-browseするとラズパイのxxx.local以外にプリンタも検出されるんですが、同じプリンタに対して複数の情報が結構たくさん出てくるし、IPP/Internet Printing ProtocolとかそういうのmDNSとどっかで接点ありそうなので。

 というわけでsystemctl stop cupsしてみたら、ラズパイを起動していてもavahi-browseで未解決のまま終わることはなくなり、全てのブラウザ版家電制御パネルにアクセスできました。

 店頭など外のプリンタで...って話はおいといて、今は自宅のプリンタは、まず使わないので、とりあえず、systemctl disable cupsしてCUPSを無効にしておくことにしました。

 詳細な原因を知りたいところではありますが、リンク先のドキュメントの数々、気が遠くなるほどの文量なので読破する気になれず...。

[2021/01/23]

 ん?あ?!CUPS止まってない!!!なんだこのゾンビ感...、機能させる時も大変だった記憶があるけど、止めるのもかい...。

 systemctl操作に加えて、/etc/init.d/cups stopもしましたが、再起動すると蘇る...が、chkconfigを見ると全てOFF。

 Sambaも関係あるか?と、いろいろ調べて/etc/samba/smb.confに[load printers = no]、[printing = bsd]、[printcap name = /dev/null]を追記した上、既存のプリンタ系の定義を全てコメントアウト、cups止めてsystemctl daemon-restart後、systemctl restart smbしてもダメ、systemctl stop smb、systemctl daemon-restart、systemctl start smbして再起動してもダメ...、まさか、cupsアンインストールしないと止まらないのか...?

 んー、微妙...、その状態でも自作ホームオートメーション機器のブラウザ操作が一通りできることもある(が、遷移に時間がかかることもあるし、できないこともあり)、中途半端...、どうやったら止まるんだ...CUPS...。

 というか、何れもアクセスポイントとして設定してあるのに、たまに二重ルータと認識するっぽく、2つのアクセスポイントの内、一方(古い方)のネットワークドメインが変わって不通になってしまい、その古いルータではなく、そこに接続しているデバイスをリセットしないと同一ネットワークドメインにならないのですが、一体なぜ...。

サンワサプライCAT6 LANフラットケーブルLA-FL6-10W

[2021/01/12]

 Amazonでサンワサプライ CAT6フラットLANケーブル (10m) 1Gbps/250MHz RJ45 ツメ折れ防止 ホワイト LA-FL6-10W 691円(7ポイント付き)。

 一緒に買ったWi-FiルーターELECOM WRC-1167GS2-Bの配置場所によっては使おうかと。

 Amazon離れしつつあって送料無料ラインの2000円以上って意外と難しくなってきたこともあり、本当はヨドバシでと思っていたものの、一緒に買ったWi-FiルーターELECOM WRC-1167GS2-Bの配置場所によっては使おうかなと。

 ちなみにメーカーを確認せずに買ってみたら、気づけば自身初となるサンワサプライ商品。

サンワサプライ CAT6 LANケーブル 10m 白 LA-FL6-10W by Amazon 2021/01/14到着分
2021/01/14

 届きました。

ウェブ造ホーム前へ次へ