気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
IoT・電子工作

Arduinoで音楽再生『PCMAudio』Arduino Playground

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
Arduinoって?

Arduinoで音楽再生『PCMAudio』Arduino Playground

Arduinoで音楽再生『PCMAudio』Arduino Playground

Arduino単体とパッシブブザーや100均スピーカーでArduino Playgroundの『PCMAudio』
2018/03/04

 『オルゴールっぽいもの』に続くArduinoでサウンド系第3弾...と言っても、これもオリジナリティはゼロ。

 Arduinoによる音楽再生にあたり、Arduino Playgroundから『8-bit, 8000 Hz audio playback on a PC speaker.』を使わせて頂いた。

 第2弾『FMmelody再生』で述べた通り、書き換えはできないが、SRAMより容量のあるフラッシュメモリにデータを書き込むPROGMEM、スピーカーのフォーンプラグにプラス・マイナスを通電すれば、Arduinoからでもスピーカー出力できるという2点の覚えたてホヤホヤ情報を使った。

 この『PCMAudio』については、圧電ブザーと普通の(と言ってもここでは100均の)スピーカーでは、別物と思うほど、全く違って聴こえた...と思ったら、圧電スピーカーの方は雑音・ノイズが入っている模様(パスコンなど対策もあるだろうが、あるならスピーカーで聴くのが手っ取り早い)。

PCMAudio

 このPCMAudioは、1〜2秒、「じゃーん」(100均スピーカーの音、パッシブブザーでは雑音が多い)という音が鳴るだけだが、tone()関数による単音とは明らかに違う音色を聴くことができる。

 必要になるのは、Arduinoボードと外付けスピーカーやパッシブ(圧電)ブザー、ブレッドボードと圧電ブザーならジャンパワイヤは要るか要らないかという程度。(もちろん、USBケーブルとPC、Arduino IDEもしくは代替も要るけど。)

 オリジナルのスケッチ通りなら、D11とGNDを圧電ブザーまたは、スピーカーのプラス・マイナスに接続、スケッチアップロード済みで電源を入れたArduinoボードのリセットスイッチを押すだけ

 ちなみにスケッチのコメントに[For Arduino with Atmega168 at 16 MHz.]とあるが、もちろん、上位モデルのAtmega328/Atmega328P 16MHzでも問題ない。

 今回も前回同様、圧電ブザーと音量ボリューム調整機能もない100均セリアの1個でモノラル、2個でステレオになるスピーカー(≒スピーカー型ヘッドホン)で再生してみた。

 前述の通り、これを試すなら、雑音のないワニグチクリップでつないだスピーカーの方が無難。

EasyWordMall Arduino UNO R3互換ボード(USBケーブル付属)

EasyWordMall Arduino Pro Mini互換ボード Atmega328 5V 16MHz

Rasbeeオリジナル FT232RL互換 3.3V/5V FTDI/USB/TTL変換アダプタ

KKHMF Arduino Nano Ver 3.0互換ボード ATmega328P CH340G 5V 16MHz

HiLetgo Mini USB Nano V3.0 ATmega328P CH340G 5V 16MHz マイクロコントローラーボード Arduinoと互換 改良版(5個セット)

EasyWordMall パッシブブザー インピーダンス 16Ohm AC 2KHZ 3V 5V 12V 10個

クリップ,SODIAL(R) ワニグチクリップ 黒/赤 計100個

uxcell ワニグチクリップワイヤー ケーブル テストリード 45cm 10個

Rasbee 400穴 ブレッドボード 8.5*5.5cm 1個

HiLetgo 400穴 ブレッドボード 8.5*5.5cm 5個セット

HiLetgo 400穴 ブレッドボード 8.5*5.5cm 10個セット

Rasbee SY-170 ミニブレッドボード カラフルブレッドボード 5個

HiLetgo 金属皮膜抵抗 1/4W 41種類x20=820個

HiLetgo ジャンパーワイヤー(オス-オス) 20cmx40本 5セット

Rasbee ジャンパーワイヤー(オス-オス) 各種長さx65本

HiLetgo 37センサーモジュールアソートキット/Arduino開発スターターキット