気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
IoT・電子工作

電子部品調達先の変遷

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
電子工作って?

電子部品調達先の変遷

電子部品調達先の変遷

2018/01/31

 IoTへの興味から電子工作を始めて約11ヶ月、未来に渡り、いろいろ買い漁るとなると安いに越したことはない。

AmazonマーケットプレイスHiLetgo

 店頭に赴く交通費を考えると通販が、できることなら送料無料が、と探してたどり着いたのが、AmazonマーケットプレイスのHiLetgoという中国(中華)系の店。

 それ以前からAmazonマーケットプレイスの存在は知っていたものの、より安心な方を...という意味で、たとえ割高でもAmazon取扱品かAmazon発送品のみを買っていたのだが、前述の通り、安さに惹かれて当時、Amazonマーケットプレイスも候補にしてみると何れも納期が1〜2週間以上かかるのは同じ中でも安価かつレビューもそこそこ付いていたHiLetgoで試し買い、買ってみると満足だったため、一部例外はあるも、基本、HiLetgoとAmazon発送品から調達することにした。

 しかし、半年ほど経ったある日、HiLetgoの商品が日に日に減っていき、しまいにはなくなるも店はある...どうしたことかと問い合わせるとAmazonによる審査通過待ちだと言う、後でわかってみれば、Amazon内での直販ではなく、Amazonが在庫を持つAmazon発送品として扱ってもらうための審査だった。

 しばらくして、ポツポツと取扱商品が復活し始め、眺めてみると、まとめ売りで単価として価格維持、若干値上がりしつつも他店舗よりは安価というものも一部あるものの、当然、Amazonのマージンもあるので軒並み価格が上昇。

AmazonマーケットプレイスEasyWordMall/Rasbee/FashionableGNJPyoung/uxcell Japan

 これを受けてより安くということで探してみると直販だった当時のHiLetgoほど品揃えが充実しているマーケットプレイス店舗はなさ気も、EasyWordMall、Rasbee、FashionableGNJPyoungの3店、場合によっては、uxcell Japanの計4店からチョイスすれば、比較的満足できそうなことが判明、それぞれ買ってみると概ね良好なことから、ここ数ヶ月は、先の3店舗をメインに、uxcell、HiLetgo取扱品を含むAmazon発送品をサブとして購入している。

AliExpress

 そうこうしていたある日、サイトを見たという外国企業に属する日本人の方から仕事が舞い込み、支払いにPayPalを提案され、初めてアカウントを取得(、プレミアアカウントは統合されたのか、ビジネスアカウントへアップグレード)するにあたり、これまた初めてとなるデビットカードとしてVisaデビットカードを作るに至った。

 すぐに必要なのかと作ったVisaデビットカードだったが、PayPalアカウント作成時には、クレジットカード/デビットカードの登録は後回しにでき、なくてもアカウントは作れたし、番号待ちになるにしてもアップグレード作業もできたし、ログインしてみれば、入金・支払い用のこれらカードだけでなく、プレミア/ビジネスアカウントにおける出金用の銀行口座もオプションとして登録できるようになっており、1週間から4週間とあったアカウントのアップグレード用の確認番号も3〜4日程度で届き、ログイン後、登録・アップグレードを完了できた。

 請求用と支払い用は分けるが、せっかく、PayPalアカウントやVisaデビットカードを作ったなら、クレジットカードよりは安心して海外のショッピングモールでの支払いに使える...となれば、米国系のeBayは割高感があるも、以前から気になっていた中華系のAliExpressやBanggoodも...。

 というわけで調べてみるとAliExpressについては、当初、普通に使えていたらしき、PayPalもAliExpress同様にAlibabaグループで競合となるAlipayの存在もあって一時決別、後に融和した模様も現時点では、日本への発送品については使えない模様(発送先に日本を指定すると支払い方法の選択肢からPayPalが消える)。

 しかし、AliExpressでもクレジットカードのVisaで支払うことができる、ということは、基本、Visaデビットカードも同様に使うことができるため、早速、AliExpressに会員登録済み、近々、電子部品については、品揃えも豊富でAmazonマーケットプレイス各店やBanggoodより遥かに安いものが多いAliExpressをメインとして電子部品を買おうと思っているのだが...。

 ただ、個々の店や購入金額を気にせず、いろいろ買うケースや特定の商品のみAliExpressで買うケース、検索でヒットしたものが全てと割り切れる場合には良いだろうが、AliExpress内の特定のショップで複数買おうとした場合やもっと細かく探したい場合、結構、煩わしいことになりそうだ。

 というのもAliExpressをAmazonマーケットプレイスと比較してみると、全体やカテゴリごとの検索システムは同程度、そこに至るまでの手順は多いものの、各店舗ごとの検索においては、AliExpressの方が細やかに設定できるケースもあり、その場合、各種絞り込み検索、ソートなどもできるのだが、比較的大きく異なる点として、例えば、

 これらを踏まえて買わないとかえって高くつくことが往々にして起こりそうであり、安く買うこと優先の場合、無料配送の商品を1つだけとか、それぞれ複数の店で1つずつ程度買ってトータル数千円までとかいう買い方以外は、相当、考えて買う必要があり、面倒くさい...。

 となるとAliexpressを主な購入先にするのは難しそうだ...。

 ちなみにAmazonマーケットプレイス、AliExpressに関わらず、中華圏の店については、中国の祝日の内、特に旧暦の正月にあたる2月の春節、建国記念日にあたる10月の国慶節の前後数日は、基本、国を挙げて一斉に休みとなるようで、この時期の発注品は、往々にして遅くなるとされている一方、受注手配や発送もほぼ全て休みのまさにこの期間に何事もないかのように安売りセールをやっているようだが、この前後の時期の発注は避けた方が無難そうな気がする。

 尚、AliExpressで特定のショップ内検索を行なうには、商品を選択後、左上にあるストア/Store名のアンカーリンクをクリック、メインの検索ボックス横に表示される[このストアにおいて/In this store]ボタンをクリック、メインとは別に下に出てくる検索ボックスでショップ内検索...のような手順を踏むのが最短の方法と思われる。