気の向くままに辿るIT/ICT/IoT
webzoit.net
Androidアプリストアの選択肢

Androidアプリストアの選択肢

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
スマホって?

Androidアプリストアの選択肢

Androidアプリストアの選択肢

2020/12/20

 Android用のアプリストアと言えば、Google Playですが、例えば、WikipediaによるとGoogle Play Storeを経由しないアプリの配布も認められており、Google Playの類似サービスが複数あると言及しています。

 また、githubなどで公開されているオープンソースアプリに特化したF-Droidも有名ですし、The Guardian ProjectもF−Droidリポジトリを介してアプリを提供しています。

 オープンソースであるAndroid用のアプリは、APKというファイル形式にビルドされたものが、配布されており、「提供元不明のアプリをインストールする」手段が用意されていることから、実現できています。

 また、AndroidをベースとしたFire OSを搭載したAmazon端末においては、Google Playに制限を加えた風のAmazonアプリストアがあり、ここにあるアプリもAPKファイルなのでAmazonアプリストアからAndroidにインストールすることもできます。

 野良アプリのインストールなどもっと知りたい場合は、Googleに魂を売らずにAndroidを使う方法を参照。

備考

 他にもGoogle Play以外を野良と呼ぶなら野良ですが、一定の目的で収録されたアプリを同一の自動化した方法でインストールできるアプリストアにあるアプリという意味では、野良とは言い難いものもあったりします。

 例えば、Googleにちょっとでも抵抗ある人々にとっては特に、その特徴が、とても魅力的に映る、単独やF-DroidのリポジトリにもあるGoogle Playの非公式な代替Aurora StoreやF-Droidの非公式な代替、Google Playにある無料アプリをGoogleに情報を渡すことなく、インストールできると謳うAurora Droidなるアプリがあります。

 が、このAurora Store/Aurora Droid、盲目的に飛びついて良いものなのか、気になる点も。

 些細なことから言うと、例えば、今日時点、公式と思しき、Webサイトauroraoss.comを観ると

 単に忘れているだけ、突貫の作りかけである、ホームページ作成に慣れていない(ページ自体はプロか類する人に作ってもらったが、コンテンツ未作成の内に完成し、後で自分で追加することになってそのまま放置状態)、F-Droidにないアプリもあるようなので、とにかく、アプリ作りに追われてホームページ完成に至らないという可能性もありますが...。

 また、Auroraプロジェクトが、インド発というのは、宗教的なものは抜きにして理数系に強い国、10億人という人口、アメリカ、ロシア、中国、ブラジルとは一線を画す意味でも必然的なものと捉えて差し支えないのか...。

 ちょっと突っ込んでみるとAurora Storeに関しては、Googleと対峙するとも言われるYalp Store派生でその後、一から作り直されたそうですが、例えば、Aurora Storeダウンロードページには、[Anonymous Mode]として[Allows you to login & download apps without personal Google accounts.](Googleアカウントにログインしても良いし、ログインしなくてもアプリをダウンロードできるよ)とあります。

 ということは、[Google Play Service(GooglePlay開発者サービス)]を使わずにアプリをインストールすることができるということであり、これを実現するために、プライバシー重視で余計なものを排除したという非公式な代替となる脱Google組による[microG]がありますが、噂によれば、これをも使わずにインストールできるという話もあります。

 ちなみに[Google Play Service]とmicroGについては、Google Play開発者サービスから脱却しながらAndroidを使うためのオープンソース互換アプリ「microG」に簡潔に書いてあります。

 microGは、決して少なくない脱Googleを目指す人々の間で支持を集めているAndroid自体の代替カーネル・ディストロをROMに焼き、Android端末のAndroid自体を入れ替える場合にも重宝されているとのことです。

 何れにせよ、Aurora StoreやAurora Droidが、[GooglePlay開発者サービス]やmicroGを使わないということは、これに代わる何かを使っていることになるはずです。

 中でもGoogleが、これを元に得た情報で稼いでいると言われていることを考えると資金源としては、とても旨味のあるものであるはずですが、Auroraは、無欲にこれをあっさり捨て去るのか、プロジェクト継続のための資金源とするのか、後者もアリな気はしますが、それならそれでその使途は気になるところ...。

 あっさり、受け入れられたF-Droidのリポジトリにあるので安心してもよいのか、F−Droidの懐の広さから、来るもの拒まずで収録されているのか、他に何か理由があるのかとまで勘ぐってみたり。

 いや、信じて使いたいのは、山々川々谷々なんですよ?なんですけど...。

ウェブ造ホーム前へ次へ